残高スライドリボルビング方式

> 残高スライドリボルビング方式
自営業を始めるには

残高スライドリボルビング方式

キャッシングの返済方式の一つに残高スライドリボルビング方式と
いうものがあります。

残高スライドリボルビング方式について

簡単に言うと借入残高に応じて毎月の返済額が変わる仕組みになっています。
クレジットカードでショッピングした時の分割払いは、
返済回数を12回や24回などに決めてから毎月の返済額を算出していますが、
残高スライドリボルビング方式では毎月の返済額を返済しやすいように
調整してから返済回数を算出していきます。

残高スライドリボルビング方式にはスライドする部分によって
いろいろな種類があります。
なかでも元金+利息が借入残高によってスライドする
残金スライド元利定額リボルビング方式が多くの消費者金融で採用されています。

残金スライド元利定額リボルビング方式のメリットとデメリット

返済が進むほど月の返済額が楽になる

毎月の最小返済額(ミニマムペイント)を低くできる、
元金+利息が一定額なので分かりやすい、
返済が進むほど毎月の返済が楽になっていくというメリットがあります。

借入額によっては返済期間が長期になり利息負担が多くなる

その反面、借入額が多いと返済期間が長期間になってしまい利息の負担が多くなります。
そのときは毎月の最小返済額に加えて繰り上げ返済されると
返済期間が短縮できて利息のお支払を抑えることが出来ます。
借入総額も見えにくくなってしまいます。

キャッシングのする際は返済シミュレーションが大事

もしキャッシングの返済が困難になり滞納してしまうと
遅延損害金を請求されてしまうことがあります。
遅延損害金は通常の利率より高いことが多く、
遅れている期間に適用されて負担が多くなってしまいます。
残高スライドリボルビング方式のキャッシングをご利用の際は
しっかりと返済シミュレーションすることが大切になります。

COPYRIGHT© 2014 自営業を始めるには ALL RIGHTS RESERVED.